国土交通省、中国系のLCC春秋航空日本の国内線就航を許可…2014年5月から成田を拠点に3路線就航

航空 企業動向

国土交通省は、中国のLCC(格安航空会社)春秋航空などが出資する春秋航空日本が申請していた航空運送事業について、12月17日付けで許可したと発表した。

春秋航空日本は、国交省からの許可を受けて、成田国際空港を拠点として日本の国内線に参入する。2014年5月から東京(成田)~高松線、東京(成田)~広島線、東京(成田)~佐賀線の3路線を就航させる。

機材には189席のボーイング737-800型機を使用する。

春秋航空日本は、春秋航空が33%出資する。資本金は現在15億円だが、今回の許可を取得したため、60億円に増資する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集