東レ・ダウコーニング、車載エレクトロニクス用の高熱伝導性放熱接着剤を発売

自動車 ビジネス 企業動向

東レ・ダウコーニング(WEBサイト)
  • 東レ・ダウコーニング(WEBサイト)
東レ・ダウコーニングは12月17日、高熱伝導性放熱接着剤「Dow Corning TC-2035」を発表した。

新製品は、優れた機能を有する放熱材料製品(TIM:Thermal Interface Material)で、次世代パワーエレクトロニクスモジュールのような高温に曝される車載用途に適している。

TC-2035は、3.3W/mKという優れた熱伝導率と50μmというボンドライン厚(BLT:bond line thickness)を達成することで、熱抵抗を大幅に低減。電気自動車やハイブリッド車向けのパワーエレクトロニクスなどを含む、次世代車載用途における熱マネージメントの水準を引き上げる製品となる。

また、2液加熱硬化型シリコーンであるTC-2035は、DBC(Direct Bonded Copper)やHDI(High Density Interconnect)、低温同時焼成セラミックス(LTCC:Low-Temperature Co-Fired Ceramic)、プリント基板といった様々な発熱基板に対して信頼性が高い接着が可能。さらに、200度に達する高温下でも信頼性が高い熱伝導性放熱特性を有する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集