NEC、イオンモール幕張新都心にEV・PHV充電クラウドサービスを提供開始

エコカー EV

NECは、イオンが12月20日にオープンする「イオンモール幕張新都心」において、「EV・PHV充電クラウドサービス」を提供開始すると発表した。

NECは同サービスの提供にあたり、イオンモール幕張新都心に急速充電器、普通充電器および充電コントローラを設置。また、充電器をNECのクラウドにネットワーク接続することで、電子マネー「WAON」による充電器の利用者認証や監視制御(運用・障害情報)、Webやカーナビへの充電器の利用状況(満空情報)の情報提供など、快適・便利に充電器を利用するサービスを提供する。

イオンは、12月20日からイオンモール幕張新都心の来場者向けの充電サービスを開始し、2014年春からはWAONによる会員認証サービスを提供する予定。

イオンでは、2012年8月に発表した「イオンのecoプロジェクト」の一環としてEVなど低炭素型モビリティの導入や普及を推進。現在、今回のイオンモール幕張新都心をはじめ、すでにイオンが全国50か所に設置しているEVの充電ステーションで、イオングループとNECが構築したEV充電サービスが運用されている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集