成田国際空港、消費税引き上げに伴って旅客サービス施設使用料を改定…2014年2月1日以降発券分から

航空 企業動向

成田国際空港は、消費税率引き上げに伴って内税方式となっている旅客サービス施設使用料などを引き上げると発表した。

消費税率が2014年4月1日付けで5%から8%に引き上げられるのに伴って増税分を転嫁する。

旅客サービス施設使用料は、2014年2月1日以降発券する4月1日以降の利用客が対象で、出国の大人が50円アップの2090円、乗継が30円アップの1050円とする。旅客保安サービス料は。出国・乗継ともに20円アップの520円とする。

シャワールームや仮眠室も4月1日以降、新料金を適用する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集