GM シボレー の2機種、10ベストエンジンに輝く… コルベット 新型と クルーズ

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは12月12日、『ワーズオートワールド』誌が主催する「10ベストエンジン2014」に、シボレーの2車種のエンジンが選出されたと発表した。

10ベストエンジンは1995年から開催。自動車のエンジン性能に着目して優秀な10台を選出する恒例のアワードだ。エンジンのエンターテインメント性や環境性能に的を絞って、同誌の編集者6名が16メーカー44エンジンから、最高の10機種を選んだ。

選考の条件は、2014年3月まで米国市場で継続して販売されること。また、車両価格は5万5000ドル(約550万円)以下に限られる。したがって、フェラーリやランボルギーニ、日産『GT-R』などのスーパーカーは、選考の対象外となる。

今回、10ベストエンジンに選ばれたシボレーの2車種は、新型『コルベット』と小型セダンの『クルーズ』。

新型コルベットには、新開発の6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力460ps、最大トルク63.6kgmを発生する。先代コルベットの6.2リットルV8エンジンと比較すると、新型は30ps、5kgmパワフル。それでいて、気筒休止システムを採用し、燃費性能も引き上げた。強化されたエンジンを得た新型は、0‐96km/h加速3.8秒。先代の4.2秒よりも、0.4秒速い。

クルーズ用の2.0リットル直列4気筒ターボディーゼルは最大出力151ps、最大トルク36.5kgmを引き出す。最大トルクは、1750-3000rpmの幅広い領域で発生し続ける特性だ。ディーゼルならではの燃費性能は、優秀なレベル。米国EPA(環境保護局)認定高速燃費は、19.5km/リットル。シボレーによると、燃料満タンで最大1150km走行できるという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集