JAL、国際線ファーストクラスで幻のシャンパン「シャンパーニュ・サロン2002年ヴィンテージ」を提供

航空 企業動向

日本航空(JAL)は、サロンの「シャンパーニュ・サロン2002年ヴィンテージ」を、2014年4月からの一般販売に先がけ、2013年12月16日から国際線ファーストクラスで提供する。

「シャンパーニュ・サロン」は、希少性が高く入手困難な幻のシャンパンで、JALは2007年12月から、世界の航空会社で唯一「シャンパーニュ・サロン」を国際線ファーストクラスで提供してきた。

1900年代初めに設立されたサロンは、完璧なバランスを表現するシャンパンを醸造するために、原料となるぶどうが不作だった年には生産を見合わせ、最適なぶどうが収穫された年しか「サロン」を作らないという、こだわりを持ったシャンパンメーカー。一般的なシャンパンの熟成期間が約3年間のところ、「サロン」は、約10年間も熟成させるため、20世紀に醸造されたのは30数回のみで、「幻のシャンパン」と呼ばれている。

サービスを提供する対象路線は、成田~ニューヨーク・シカゴ・ロサンゼルス・ロンドン・パリ・フランクフルト・ジャカルタを結ぶ路線のファーストクラス。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集