JR東日本、Suica販売価格を1000円に変更…チャージ最低額は500円に

鉄道 企業動向

JR東日本のSuica。販売価格が現行2000円から1000円に、チャージの最低額が現行1000円から500円にそれぞれ引き下げられる。
  • JR東日本のSuica。販売価格が現行2000円から1000円に、チャージの最低額が現行1000円から500円にそれぞれ引き下げられる。
JR東日本は12月12日、同社が展開している交通系ICカード「Suica(スイカ)」について、販売価格を変更すると発表した。同時にチャージの最低額も引き下げる。

Suicaカードは現在、2000円で販売されているが、これを1000円に変更する。さらに初期のチャージ金額に応じて2000・3000・4000・5000・1万円でも発売する。

このほか、改札外でチャージする場合の最低額を、現在の1000円から500円に引き下げる。1回あたりのチャージ金額は500・1000・2000・3000・5000・1万円から選べるようにする。改札内の乗り越し精算機では、既に今年3月から10円単位でのチャージに対応している。

現在申請中の運賃・料金の変更にあわせ、2014年4月1日から変更する予定。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集