【東京モーターショー13】ダイハツコペン…Rmzはじっと眺めて造形を味わってほしい

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツ・コペン・フューチャーインクルーデッド Rmz(東京モーターショー13)
  • ダイハツ・コペン・フューチャーインクルーデッド Rmz(東京モーターショー13)
  • ダイハツ・コペン・フューチャーインクルーデッド Rmz(東京モーターショー13)
  • ダイハツ・コペン・フューチャーインクルーデッド Rmz(東京モーターショー13)
  • ダイハツ・コペン・フューチャーインクルーデッド Rmz(東京モーターショー13)
  • ダイハツ コペンコンセプト(東京モーターショー13)
  • ダイハツ コペンコンセプト(東京モーターショー13)
  • ダイハツ コペンコンセプト(東京モーターショー13)
  • ダイハツ コペンコンセプト(東京モーターショー13)
ダイハツは東京モーターショー13に、『コペン』を参考出品した。

出品車は2つのバリエーションがあり、ひとつは『コペン・フューチャーインクルーデッド Rmz』。そして、『コペン・フューチャーインクルーデッド Xmz』だ。

“Rmz”について、ダイハツ工業デザイン部主査の和田広文さんは「ダイナミックでスタイリッシュ。ギュッと凝縮した元気のあるデザインを目指した」と話す。

「クルマ好きの方に造形を楽しんでもらえるようなところが訴求できたらいい」。そのために、「面の構成はものすごく作り込んだ。軽では出来ないくらいの立体感だ。大きいクルマでここまでやると嫌味になるが、小さいクルマだからこそ出来る立体感を目指した」という。

具体的にはサイドビューが特徴的だと和田さん。「フロントのフェンダーとボンネットのつながりのあたり。そして、ドアのところから後ろにギュッとキックさせながら流れていく立体造形を強く表現し作り込んだ」。さらに、今後として、「実際に市販化する際はもっと作り込んでいく。こういう面構成などでデザインの味わい深さを感じてほしい」と想いを述べる。

和田さんは、「このような造形の深い味わいは、年齢の高い方々が、購入してじっと見て、“あぁ、良いな”と感じてもらえるところに通じたらいいなと思っている。そろそろ引退を考えている元クルマ好きが、1千万2千万もするスポーツカーではなく、こんな値段で買えるスポーツカーがあるんだと、楽しんで買ってもらえるクルマをデザインしたかった」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集