ホンダ、ナイジェリアに新型二輪車「CG110」を投入…現地ニーズに対応して開発

モーターサイクル 新型車

CG110
  • CG110
  • Ace CB125
ホンダは、ナイジェリアの二輪車生産販売子会社であるホンダ・マニュファクチュアリング・ナイジェリアが新型二輪車「CG110」を現地で発表したと発表した。新型モデルは、12月10日から同国内で販売される。

CG110は、現地のニーズや、道路状況などに合わせて、燃費性能と耐久性に徹底的にこだわって開発した。グローバルネットワークを活用することで、価格を約10万ナイラ(約6万5000円)に抑えた。

販売台数は年間4万台を計画している。

また、2011年9月29日より販売している、高い燃費性能や高い実用性が好評な排気量125ccクラスの「Ace CB125」と、ロングシートの採用による高い居住性や積載性が特徴の「Ace CB125-D」をマイナーモデルチェンジして発売した。

これに加え、ナイジェリア市場で最大のマーケットで、顧客ニーズが強い110ccクラスに、高い実用性がありながらも低価格を実現した新モデルのCG110を投入することで、販売拡大を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集