新京成、神社で祓い清めた開運切符800円…12月16日から発売

鉄道 エンタメ・イベント

新京成が12月16日から発売する「初富駅開運記念券」。のし袋をイメージした封筒に入っている
  • 新京成が12月16日から発売する「初富駅開運記念券」。のし袋をイメージした封筒に入っている
  • 新京成が12月16日から発売する「初富駅開運記念券」。鎌ヶ谷市の神社で発売前に祓い清めているという
新京成電鉄は12月16日から、新京成線の初富駅(千葉県鎌ケ谷市)にちなんだ企画乗車券「初富駅開運記念券」を発売する。新年を前に「初」「富」と縁起の良い漢字からなる同駅をPRする。

「開運記念券」は、初富~京成津田沼間、初富~松戸間、松戸から250円区間、京成津田沼から子供130円区間の乗車券計4枚セット。乗車券は台紙に収められ、のし袋をイメージした封筒に入っている。駅名の縁起の良さだけでなく「さらにご利益があるように」と、乗車券を鎌ヶ谷市の神社「道野辺八幡宮」ではらい清めているという。

初富駅は1949年10月に鎌ヶ谷初富駅として開業し、1955年の移転を機に現在の駅名となった。同駅の1日平均乗降人員は5660人(2011年度)で、全24駅中23位と少ないが、記念券の発売で知名度アップや利用促進を図る。

1セット800円で、新鎌ケ谷・京成津田沼両駅を除く新京成線の各駅で発売。1000セット限定で、売り切れ次第発売終了となる。乗車券の有効期間は発売開始日から2014年3月31日まで。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集