伊藤忠テクノ、馬・星間でクラウド連携実証実験を開始へ

エマージング・マーケット 東南アジア

伊藤忠テクノソリューションズ(本社・東京)は、マレーシアとシンガポールのグループ会社と共同で、遠隔地にある複数のデータセンターにあるクラウド環境を連携した実証実験を2014年1月から開始すると発表した。

伊藤忠テクノと共同実験を行うのは、マレーシアCTCグローバル社とシンガポールCTCグローバル社。複数のデータセンターを仮想的に1つに統合する「自律型データセンター」を目指したもので、データセンター内の各機器をソフトウェアで自動制御する技術を用いて、マレーシアとシンガポールのクラウド環境を統一的に制御し、サービスの負荷分散や日本を含めた遠隔バックアップの実証実験を行う。

実証実験結果を踏まえ、マレーシア、シンガポール、日本の3カ国を連携させたオンプレミス型のクラウドソリューションを販売する予定。

既に日本国内では8月にCTCの横浜と神戸のデータセンターで、自律型データセンターの実現に向けた実証実験を行い、ソリューションの提供を開始している。
また、マレーシアと日本間では、長距離でのディザスタリカバリ(DR)環境を構築し、データ伝送量を削減する技術(重複排除技術)を使用して、データ複製にかかる時間や遠隔地でサービスが開始するまでの時間等を測定する。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集