インド政府、電気自動車製造への補助金制度を2014年4月までに開始

自動車 社会 行政

インドのタタモーターズのEVコンセプトカー、メガピクセル(ジュネーブモーターショー12)
  • インドのタタモーターズのEVコンセプトカー、メガピクセル(ジュネーブモーターショー12)
  • インドのタタモーターズのEVコンセプトカー、メガピクセル(ジュネーブモーターショー12)
インドの重工業省は2014年4月までに電気自動車製造への補助金制度を2014年4月までに開始する事を発表。

予算は2020年までの7年間の総額1,200億Rs。

重工業省副次官、アンブジ・シャルマ氏は、電気自動車が社会に広く流通した際には約4,000億Rs分の燃料がセーブされる事になる、と話している。
編集部

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集