鉄道博物館、冬季限定イルミネーション点灯3/3まで

鉄道 エンタメ・イベント

屋上パノラマデッキからの全景
  • 屋上パノラマデッキからの全景
  • パークゾーンは、昼間と違う顔を見せてくれる
  • 日没後は、ミニ運転列車がイルミネーションの中を走る
  • レールに反射するルミネーション
  • 幻想的なイルミネーション
 鉄道博物館(さいたま市大宮区)は、11月19日より屋外パークゾーンにて、青と白を基調とした冬季限定のイルミネーション点灯を実施している。点灯期間は2014年3月3日まで。

 同博物館は、JR東日本の創立20周年記念事業のメインプロジェクトとして、2006年に閉館した交通博物館の代替施設として、2007年10月に開館。蒸気機関車から新幹線まで、鉄道創世期から現在までの実物車両が展示されている。

 同館では、冬季限定イルミネーションについて、光の道とその先に輝くツリーが見渡せるラーニングゾーン3階や、新幹線の光の帯も楽しめる屋上パノラマデッキからの眺めなど、この季節にしか見ることのできない鉄道博物館のイルミネーションをぜひ楽しんでほしいとしている。

 イルミネーションは、博物館横を走るJR川越線、高崎線の車内からも楽しむことができる。

◆鉄道博物館 冬季イルミネーション
点灯期日:11月19日(火)~2014年3月3日(月)
※休館日も点灯
点灯場所:パークゾーン
点灯時間:16:00~21:00
※開館時間は通常通り10:00~18:00
《水野 こずえ》

編集部おすすめのニュース

特集