第50回SHCCミーティングat大磯ロングビーチ…日産 vs マツダ 往年の宿敵が対決[写真蔵]

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

12月1日、第50回SHCCミーティングat大磯ロングビーチが大磯ロングビーチ駐車場内特設コース(神奈川県中郡)にて開催された。主催は湘南ヒストリックカークラブ(SHCC)。

今回は50回を記念し、Mr.ロータリーこと元マツダワークスドライバーの従野孝司氏と、当時のライバルであったプライベートチームPMC・S(プリンス モータリスト クラブ・スポーツ)の久保田洋史氏も登場しイベントを盛り上げた。

お二人は、朝と昼のデモラン走行時間に、従野氏はマツダ『ファミリアロータリークーペ』で、久保田氏は日産『スカイラインGTR』で出走。現役を髣髴とさせる走りに、大歓声を集めていた。

お昼のデモランでは、主催者はサプライズを用意。お互いのクルマを交換し、当時のライバル車に乗ることで、どんな相手と戦っていたかを感じてもらう機会を作った。お二人はとても楽しそうに、ライバルのクルマを操っていた。

従野孝司氏は、1971年にロータリーデビューを果たし、マツダワークスドライバーとして、『カペラ』や『サバンナRX-3』などでレースを行い、多数の優勝や入賞経験を持つ。マシン開発能力に優れたレーサーとして知られている。

1969年にスカイラインGTRでレースデビューした久保田洋史氏は、一貫してといっていいほど、スカイラインGTRでレース活動を続けた。スカイラインの神話として50勝(諸説ある)のうち10勝を挙げているほど、プライベーターとして名を馳せたドライバーであった。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集