VW トゥアレグ、米国で特別な「X」…デビュー10周年記念車

自動車 ニューモデル 新型車

フォルクスワーゲン トゥアレグX
  • フォルクスワーゲン トゥアレグX
フォルクスワーゲンの米国法人、フォルクスワーゲンオブアメリカは12月2日、『トゥアレグX』を米国市場に投入すると発表した。

同車は、フォルクスワーゲンの最上級SUV、『トゥアレグ』をベースにした特別モデル。初代トゥアレグは2002年に発表。2003年、米国市場へ導入された。トゥアレグXはトゥアレグ誕生10周年を記念したモデルになる。

ベース車両にディーゼルを選択したのは、トゥアレグXの大きな特徴。直噴3.0リットルV型6気筒ターボディーゼル「TDI」は、最大出力240ps、最大トルク56.1kgmを発生。トランスミッションは8速AT。米国EPA(環境保護局)認定高速燃費は12.3km/リットル。フォルクスワーゲンによると、高速道路では燃料満タンで、最大約1125kmを走行できるという。

装備を充実させているのも、トゥアレグXの特徴。19インチの専用アルミホイール、ムーンライトブルーのパール塗装、LEDテールライト、レザー&アルカンターラ内装、専用ウッドパネル、パノラマサンルーフ、高級オーディオ&ナビゲーションなどが標準装備される。

トゥアレグXは米国市場において、1000台限定で発売される予定。トゥアレグの世界累計販売台数は、およそ70万台。そのうち、約2割にあたる12万1385台が、米国市場で販売されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集