第50回SHCCミーティングat大磯ロングビーチ…往年の名ドライバーがデモラン、ロータスF1も走行

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

12月1日、第50回SHCCミーティングat大磯ロングビーチが大磯ロングビーチ駐車場内特設コース(神奈川県中郡)にて開催された。主催は湘南ヒストリックカークラブ(SHCC)。

参加資格は、1969年までに生産された車両、およびレプリカを含む同型車で、今回は約130台ものエントリーがあり、大盛況であった。

特に今回は50回を記念し、Mr.ロータリーこと元マツダワークスドライバーの従野孝司氏が来場。さらに、当時のライバルであったプライベートチームPMC・S(プリンス モータリスト クラブ・スポーツ)の久保田洋史氏も登場しイベントを盛り上げた。朝のドライバーズミーティングの後、従野氏はマツダ『ファミリアロータリークーペ』で、久保田氏は日産『スカイラインGTR』でコースをデモラン。現役を髣髴とさせる走りに、大歓声を集めていた。

この後には、F1マシン、ロータス『88B』のデモランも行われた。1981年のF1に参戦するために開発されたが、レギュレーション違反に問われ、実戦には投入されたかったマシンである。現在のF1よりは若干低音のエンジン音とともにコースを駆け巡るマシンに、観客は惜しみない拍手を送っていた。

ある参加者は、「クラシックカーのジムカーナに参加する楽しみに加え、往年のドライバーの走りなど、見る楽しみが増えた」とコメント。より魅力あるイベントなっていることが伺えた。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集