ヤマハ発動機、車いす用電動ユニットカバーキャップのカラー総選挙で人気の高かった3色を商品化

自動車 ビジネス 企業動向

ヤマハ発動機、車いす用電動ユニット「JWX-1」のハブ部分に装着するカバー「JWX-1用カラーキャップ」に新色を追加
  • ヤマハ発動機、車いす用電動ユニット「JWX-1」のハブ部分に装着するカバー「JWX-1用カラーキャップ」に新色を追加
  • ヤマハ発動機、車いす用電動ユニット「JWX-1」のハブ部分に装着するカバー「JWX-1用カラーキャップ」に新色を追加
ヤマハ発動機は、車いす用電動ユニット「JWX-1」のハブ部分に装着するカバー「JWX-1用カラーキャップ」の新色としてユーザー投票により人気の高かった3色を商品化、12月9日から発売すると発表した。

「JWX-1用カラーキャップ」は、手動車いすを電動化するユニット「JWX-1」のハブ部分に装着するカバー。

同社では、「電動車いすもおしゃれして楽しみたい!」との市場ニーズに応えるため、今年9月に開催された「第40回国際福祉機器展H.C.R.2013」のヤマハブースで「あなたの選んだ色が商品
化!?」と題した人気投票を実施した。

この結果、1位から3位までに選ばれたビビッドオレンジ、チョコミント、キューピッドピンクの3色を新たにラインナップに加える。これにより従来の5色とあわせて全8色に選択肢を拡大した。

価格は2枚1セットで4725円。3色合計で年間200セットの販売を計画している。

同社では「毎日をもっと元気に、もっと楽しく」という人の前向きな気持ちをサポートしていくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集