BMW 5シリーズ、ドライビング・アシスト・プラスを全車標準装備

自動車 ニューモデル 新型車

BMW 5シリーズ
  • BMW 5シリーズ
ビー・エム・ダブリューは、BMW『5シリーズ』に、ドライバー支援システム「ドライビング・アシスト・プラス」を新たに全車標準装備し、11月29日より販売を開始した。

ドライビング・アシスト・プラスは、カメラとミリ波レーダー・センサーを併用した「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、車間距離を維持しながら自動的に速度制御を行う「アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)」、車線の逸脱をドライバーに警告する「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」を備える先進安全技術。従来、『535i』『550i』『アクティブハイブリッド5』に標準装備されていたが、今回新たに『523i』『523d』『528i』にも装備し、5シリーズ全車標準装備とした。

また、モデル・ラインアップについて、「Modern」「Luxury」のデザイン・ライン、および「M Sport」に加え、5シリーズのスタンダード・モデルを新たに追加設定した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集