【COTY 選考コメント】幅広いライフスタイルに合うクルマ…こもだきよし

自動車 ニューモデル 新型車

VW ゴルフ TSI ハイライン
  • VW ゴルフ TSI ハイライン
  • こもだきよし氏
  • VW ゴルフ TSI ハイライン
  • VW・新型『ゴルフ』
  • ホンダ フィット ハイブリッド
  • ホンダ フィット ハイブリッド
  • 惜しくも2位となったホンダ フィット
  • フィットHYBRID Fパッケージ
今年は10ベストにスモールカーから高級大型車、あるいはハイブリッド車まで多彩なクルマが選ばれた。ユーザーにとっては良いクルマの選択の幅が広がって嬉しい限りだろう。

しかしCOTYに関していえば、ホンダ『フィット』とフォルクスワーゲン『ゴルフ』の2台の一騎打ちになるのではないかと予想した。だからという訳ではないが、ボクの投票も1位、2位はこの2台になった。

なぜゴルフが1位の10点かを説明しなくてはならない。

ゴルフの良さはまずしっかりしたボディの強さが原点になっていると思う。そこにしっかりした強度を持ちホールド感の良いシートが付き、しなやかだがしっかりとしたサスペンションを持ち、正確な動きができるステアリング系がある。そしてダウンサイジングターボエンジンが組合わさることによって、燃料消費が少なくて楽しい走りが実現できている。

GTIをサーキットに持ち込んで思い切り走ってみても、破綻をきたさず安定性を保ちながらハンドルを切った通りに走れる。もう少しじゃじゃ馬な面があってもおもしろさが増すのではないかと思うほど真面目なクルマ創りをしている。

惜しいのはアクセルペダルだ。先代まではオルガン式だったのに、つり下げ式になったことだ。

それでも幅広いライフスタイルに合うクルマで、多くの人に勧められるクルマだと思う。

フォルクスワーゲン『ゴルフ』:10点
ホンダ『フィット』6点
メルセデス・ベンツ『Sクラス』4点
マツダ『アテンザ』3点
ボルボ『V40』2点

こもだきよし(菰田潔)│ モータージャーナリスト/日本自動車ジャーナリスト協会副会長
学生時代から始めたレースをきっかけに、タイヤのテストドライバーになり、その後フリーランスのモータージャーナリストに転身。クルマが好きというより運転が好きなので、その視点でクルマの評価をしている。全国道路標識・標示業協会理事、BMWドライバー・トレーニング・チーフインストラクターなどの肩書を持つ。スポーツドライビングやセーフティドライビングの実技講習だけでなく、2002年からはトラックドライバー向けのエコドライブ講習も手掛ける。
《こもだきよし》

編集部おすすめのニュース

特集