古河電池、インドネシアに自動車用バッテリーの合弁会社設立

自動車 ビジネス 海外マーケット

古河電池(Webサイト)
  • 古河電池(Webサイト)
  • ECHNO(エクノ) IS UltraBattery(参考画像)
古河電池は11月25日、インドネシア・インドモービルグループ(サリムグループ)との間で、自動車用鉛蓄電池(二輪及び四輪)製造および販売の合弁会社を設立すると発表した。

古河電池は、海外事業拡大として新たな海外生産及び販売拠点の検討を進めてきた。今回、自動車需要の急速な成長を続けるインドネシアにおいて、サリムグループの PT.CENTRAL SOLE AGENCY社(CSA社)と合弁会社を設立し、新たな海外事業の展開を図る。

新たに設立する製造会社の資本金は約19億円で、出資比率は古河電池51%、CSA社49%。販売会社の資本金は約1億円で、出資比率は古河電池49%、CSA社51%。いずれもジャカルタ近郊のコタ ブキット インダ工業団地に設立する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集