【広州モーターショー13】レクサス CT200h、Fスポーツ にも改良新型…スポーティに進化

自動車 ニューモデル 新型車

レクサス CT200h の Fスポーツ の改良新型
  • レクサス CT200h の Fスポーツ の改良新型
  • レクサス CT200h の Fスポーツ の改良新型
  • レクサス CT200h の Fスポーツ の改良新型
  • レクサス CT200h の Fスポーツ の改良新型
  • レクサス CT200h の Fスポーツ の改良新型
レクサスは11月21日、中国で開幕した広州モーターショー13において、改良新型『CT200h』の「Fスポーツ」を初公開した。

改良新型CT200hは、広州モーターショー13で発表。新型『GS』から導入が開始されたレクサスの新アイデンティティ、スピンドルグリルを採用したのが最大の特徴だ。その他、内外装や足回りの改良、CO2排出量の削減など、2010年のデビューから3年を経て、大幅なアップデートを受けた。

レクサスは、この改良新型CT200hにも、Fスポーツを継続設定。スピンドルグリルは、通常モデルの横基調に対して、専用のメッシュデザインを採用。レクサスによると、メッシュグリルは、新型『IS』のFスポーツと同様のアグレッシブな仕上げになるという。

リアは、専用のルーフスポイラーを装着。高速走行時にさらなるダウンフォースを獲得し、路面へのグリップやスタビリティを増す効果が期待できる。

インテリアは、Fスポーツらしさを強調。シートは、レザーとファブリックの組み合わせ。新色のスレートグレーをはじめ、Fスポーツ専用の内装色4種類を用意。オプションでフルレザーも選択可能。

足回りは、スプリングをFスポーツ専用にセッティング。レクサスは、「前後のロールを抑え、スポーツドライビング時のダイナミクスを高めた」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集