【ロサンゼルスモーターショー13】ヒュンダイの小型クーペ、ベロスター…ターボがスポーツ性を強化

自動車 ニューモデル 新型車

ヒュンダイ ベロスターの2014年モデル
  • ヒュンダイ ベロスターの2014年モデル
韓国ヒュンダイモーターの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカは11月19日、ロサンゼルスモーターショー13でのワールドプレミアに先駆けて、2014年モデルの『ベロスター』の概要を明らかにした。

ヒュンダイの小型スポーツクーペ、ベロスターは2011年1月、デトロイトモーターショー11で発表。個性的なスタイリングが特徴で、見た目は3ドアハッチバックに見えるボディだが、ヒュンダイは「3ドアクーペ」と表現する。その理由は、ボディサイドの片側だけに、後部ドアが装備されるため。

高性能バイクをモチーフにしたデザインは、スポーティかつ躍動感にあふれるもの。ボディサイズは全長4219mm、全幅1791mm、ホイールベース2649mmで、ワイド&ローのフォルムが際立つ。

搭載エンジンは、ガソリン2種類を用意。中でも、「ベロスター ターボ」用の直噴1.6リットル直列4気筒ガソリン「GDI」ターボは、最大出力201ps/6000rpm、最大トルク27kgm/1750-4500rpmを発生する。

今回発表された2014年モデルでは、このベロスター ターボがスポーツ性を強化。エンジンのスペックに変更はないが、新開発のトルク・ベクタリング・コントロールを標準装備。駆動輪の前輪を通して、大パワーを確実に路面に伝える。

さらに、アクティブ・サウンド・デザインも採用。スポーツ走行時の室内のサウンド演出にこだわった。車体リアのセンター出しのマフラーが、左右2本出しに変わったのも、2014年モデルの特徴だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集