【WRC 最終戦】オジエ、ペースを維持してラリーGBに勝利

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

セバスチャン・オジエ
  • セバスチャン・オジエ
  • セバスチャン・オジエ
  • VWチーム指揮官のジョスト・カピートとオジエ
  • セバスチャン・オジエ
  • ラリーGBの表彰台
  • オジエと副ドライバーのジュリエン・イングラッシア
WRC(世界ラリー選手権)最終戦、ラリーGBは2013年度WRCチャンピオンであるフォルクスワーゲンのセバスチャン・オジエが悪コンディションにもかかわらず、ペースを完全にコントロールし、今季9勝目を獲得した。

オジエは副ドライバーのジュリエン・イングラッシアと勝利を祝った後、ラリーGBでの彼の過去の成績を一蹴した(最高位は2011年の11位)ことを喜んでいると語った。

「僕はとてもハッピーだ。そしてチームにもう一度大きな礼を捧げたい。車はパーフェクトだったよ。僕はここに来てこのラリーが過去に僕にとってベストではなかったことを知り、さらにここがホームだと感じているチームメイト(ラトバラ)との戦いに勝たなければならなかった。それは僕達にとってもう一つの素晴らしい勝利であり、完璧なシーズンの終わりとなった。次の年にこれをさらに良くするのは、ハードなチャレンジとなるだろう」と彼は語った。

オジエのチームメイトであるヤリ‐マティ・ラトバラは21秒8遅れの2位となったが、このフィンランド人ドライバーは幾つかのステージで勝利を収めたが、自信の持てないステージでは順位を落とすこととなった。

「僕はこの週末に、ずっとリズムを掴むことができなかったようだ。それが問題で、次の年に僕が集中する必要のあることだ。スピードはあったし、それが重要なことだが、今は正しいリズムが必要だ」とラトバラは語った。

ベルギー人ドライバーのティエリー・ヌービルはトップから1分2秒7遅れの3位となったが、彼にとってのさらに重要な結果はWRCのドライバーズ・チャンピオンシップで2位を決定したことだった。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集