VW と上海汽車の中国合弁、上海 VW が累計生産1000万台…30年で達成

自動車 ビジネス 企業動向

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンと上海汽車の中国合弁、上海フォルクスワーゲンは11月15日、累計生産台数が1000万台に到達したと発表した。

上海フォルクスワーゲンは1983年4月、中国での現地生産を開始。最初にラインオフしたのは、『サンタナ』だった。累計生産台数1000万台は、生産開始から30年で達成した記録となる。記念すべき累計生産1000万台目となったのは、SUVの『ティグアン』。

上海フォルクスワーゲンは1990年、独自の開発部門を設立。1997年には、テスト施設も開業した。2003年には独自のデザインセンターを開設。2006年には、フォルクスワーゲングループ傘下のシュコダブランド車の生産も開始した。

中国は、フォルクスワーゲングループにとって、世界最大の市場。2012年には、上海フォルクスワーゲンと一汽フォルクスワーゲン(第一汽車との合弁)を合わせて、年間281万台を販売。2013年は9月の時点で、中国新車市場で20.9%のシェアを占めている。

上海フォルクスワーゲンは11月15日、上海市内で累計生産1000万台を祝う記念式典を開催。フォルクスワーゲングループチャイナのヨッへム・ヘイツマン社長兼CEOは、「このマイルストーンは、中国の多くの顧客がフォルクスワーゲングループの車両やサービスに対して、大きな熱意を抱いている証」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集