【東京モーターショー13】東海ゴム、単独ブースで初出展…コックピットデモ機を出展

自動車 ニューモデル モーターショー

ブースイメージ
  • ブースイメージ
東海ゴム工業は、11月20日から12月1日まで東京ビッグサイトで開かれる「第43回東京モーターショー2013」にブース出展すると発表した。同社が東京モーターショーで単独ブースを設けるのは初めて。

ブースでは、安全・快適・環境をテーマに、未来のモビリティ社会に貢献する新技術・新製品を出展する。

新技術では、同社独自開発のオールゴムの触覚センサ「スマートラバー(SR)センサ」の体圧検知機能などを活用し、シートに座ったりハンドルを握ったりするだけで運転者の状態を把握できるコックピット型デモ機「SRコックピット」を出展する。

運転者の座席での体圧変化を解析することで着座姿勢を推定、安全で快適な運転アシストへの活用が見込まれている。

新製品では、放熱性を持たせた吸音材で快適な車室空間を実現する「磁気誘導発泡ウレタン(MIF)」や、材料設計から見直して耐久性と軽量化を両立した自動車用防振ゴム、超軽量化ラジエターホースなど、環境への負荷を低減できる低燃費車・小型車向け製品を開発している取り組みを紹介する。

また、同社の自動車関連製品ラインナップや、コア技術の紹介コーナーも設ける。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集