【日産 スカイライン 新型発表】正常進化から、新しい刺激を求めたデザインへ

自動車 ニューモデル 新型車

日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
日産自動車は『スカイライン』をフルモデルチェンジし、2014年2月末より発売する。そのデザインは、先代までの正常進化から若干シフトしたものになっているという。

日産自動車グローバルデザイン本部プロダクトデザイン部デザイン・ダイレクターの長谷川浩さんは、先代に引き続き新型のデザインも担当した。「先々代(V35)では、考え方やデザインを大幅に変化、新しい提案をしたので、先代(V36)にモデルチェンジする際は、デザイン表現を大きく否定して変えることはせず、正常進化させた」と話す。

長谷川さんは、「そのため変更感がないなどとも言われたが、V35からV36へ(考え方やデザインの)一貫性を持たせることで、継続し浸透させたいと考え、V35を買ったユーザーも裏切らず、さらにV36でも(新たなユーザーを)開拓したいということを意識した」と振り返る。

そして新型では、「V35、V36と継続性を持たせて正常進化させたので、ユーザーも新しい刺激や、新しいチャレンジを当然期待しているだろう。それに応えなければいけない。また、自分たちも、ここで一気にジャンプしたいという想いの中でデザインしたのがこのクルマだ」と想いを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集