ブリティッシュエアウェイズ、ホリデーシーズンのソーシャルメディア需要を調査

航空 企業動向

ブリティッシュ・エアウェイズ
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
ブリティッシュエアウェイズは11月11日、2000人を対象に、ホリデーシーズンに使用されるソーシャルメディアやアプリの需要を調査した結果を公表した。

その調査の結果によれば、スマートフォンが本やe-リーダー、ミュージックプレイヤーやタブレットを超える32%で、ホリデーに必要な最も基本的なアイテムに選ばれた。

またホリデーに使用されるアプリについては、天気予報アプリが32%で1位、カメラアプリが29%で2位、マップアプリが23%で3位にランク付けされた。

ブリティッシュエアウェイズのソーシャルメディアの専門家であるニック・ジョーンズ氏は、「スマートフォンが、多くの人々が持たないと旅ができないアイテムの一つであることは決して驚くべきことではない。我々は顧客達が旅行する間に、我々と連絡を取り合いたいと考えていることを知っている。我々はファイスブックやツイッターや他のプラットフォームを使って、450万人の累積するフォローワーが自宅または海外に所在していたとしても、連絡を取り合うことができるようにしている」と語った。

ブリティッシュエアウェイズはそのフェイスブックで100万人以上、ツイッターUKで32万5000人、ツイッターUSAで34万7000人、インスタグラムで2万3000人、YouTubeで2万6000人、Google+で250万人のフォロワーを確保している。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集