ボルボ、セーフティ・パッケージを V40シリーズ全車に標準装備

自動車 ニューモデル 新型車

セーフティ・パッケージ(イメージ)
  • セーフティ・パッケージ(イメージ)
  • ボルボ V40 T4 SE
ボルボ・カー・ジャパンは、『V40』シリーズ全車に、従来パッケージ・オプションとして設定していた「セーフティ・パッケージ」を標準化し、新価格で12月2日より発売する。

セーフティ・パッケージでは、ミリ波レーダとカメラ、赤外線レーザを用いて、前方車両や歩行者、サイクリスト検知し、衝突を回避・軽減する「ヒューマン・セーフティ」をはじめ、「全車速追従機能付ACC」「車間警告機能」など、10種の先進安全・運転支援装備を提供する。

価格はV40 T4が289万円、T4 SEが329万円、T5 Rデザインが409万円、クロスカントリーT5 AWDが369万円。

ボルボは、2020年までに新しいボルボ車で死亡者、重傷者をゼロするという目標「VISION 2020」を掲げており、今回の「セーフティ・パッケージ」標準装備化は、その第一歩。今後、全モデルへの標準化を順次、推進していく予定だという。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集