エプソン、デジタル出力対応のカーナビ向け高精度ジャイロセンサーを商品化

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

エプソンは、カーナビゲーション用途向けに、デジタル出力インターフェース(SPI、I2C)に対応した高精度ジャイロセンサー「XV4001 シリーズ」を商品化し、11月7日からサンプル出荷を開始した。

一般的にカーナビゲーションにおけるジャイロセンサーは、自動車の進行方向の変化を検出し現在地を特定することや、トンネル内などGPSを受信できないエリアでの推測航法に用いられている。

アナログ出力の水晶ジャイロセンサーを用いる場合、出力信号をADコンバーターを用いてデジタル信号に変換する必要がある。しかし出力形式の変換にあたり、信号ラインの引き回しや周辺回路が煩雑になるなど技術的負担も多く、デジタル出力インターフェースに対応したジャイロセンサーの要求が高まっていた。

今回エプソンでは、SPI(3線式、4線式)、I2Cのデジタルインターフェースに対応した高精度ジャイロセンサー「XV4001シリーズ」を商品化。小型・高安定な特性を持つダブルT型水晶素子に自社製ICを組み合わせ、高次温度補正も行うことで温度特性を向上、一層の高精度化を実現した。また新たに、ジャイロセンサー自体が異常を検知するセルフテスト機能も搭載することで、信頼性の向上を図っている。

なお「XV4001シリーズ」は、搭載される機器に適した傾斜およびそれぞれのインターフェースの組み合わせにより、パッケージの傾斜角度が0度の「XV4001BD」「XV4001BC」、20度の「XV4001KD」「XV4001KC」、計4種類のラインアップを用意する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集