【株価】日産自が急落…業績減額修正嫌気も引け後に三菱自との関係強化を発表

自動車 ビジネス 株価

日産 デイズ 発表会(参考画像)
  • 日産 デイズ 発表会(参考画像)
  • 日産自動車との共同開発軽自動車のオフライン式で挨拶する三菱自動車の益子修社長(右)。左にいるのは日産自動車の志賀俊之COO
全体相場は小反発。

米国株高を受け、輸出関連株を中心に買いが先行。しかし、上値は限定的。買い一巡後は円高を嫌気した売りに押され、マイナス圏に沈んだ。後場入り後は、再びプラス圏に浮上し、小幅高で取引を終了。

平均株価は前週末比23円80銭高の1万4225円37銭と小幅ながら反発。

自動車株は全面安。

日産自動車が100円安の861円と大幅続落。先週末の業績予想減額修正を嫌気し、売りを浴びる格好となった。なお、大引け後、同社は三菱自動車との協力関係について、仏ルノーも含めた形で強化を図っていく方針を明らかにしている。

トヨタ自動車が10円安の6320円と小幅ながら続落。

三菱自動車が46円安の1107円と反落し、スズキが20円安の2460円と反落

こうした中、ホンダが3930円で変わらず。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集