パナソニック ストラーダ、ベーシックモデル CN-E200D を発売…準天頂衛星みちびき対応

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、7V型ワイドVGA液晶採用のSSDナビ「CN-E200D」を12月17日に発売する。

新製品は、シンプルながらもワンランク上のナビゲーション機能と音楽再生機能を搭載した、ストラーダのベーシックモデル。

「準天頂衛星みちびき」に対応したほか、車の上下移動を細かく感知する「3Dジャイロセンサー」を搭載。ビル街や山間部でも現在地をより正確に測位できる。

また、1296エリアの市街詳細地図含む、2013年度版地図データや、電話番号データ約3360万件を収録。充実したデータベースにより、初めて訪れる場所も安心してドライブできる。

さらにAV機能面では、音質モードに「音の匠 Lite」を搭載。「車内でのスタジオマスターサウンド再現」を目指した音質で音楽再生を楽しむことができる。

価格はオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集