【サイクルモード13】伊デローザの60周年記念モデル、限定240台で価格は144万円から

モーターサイクル エンタメ・イベント

デローザの60周年記念モデル、カーボン製(サイクルモード2013)
  • デローザの60周年記念モデル、カーボン製(サイクルモード2013)
  • デローザの60周年記念モデル、チタン製(サイクルモード2013)
  • デローザの60周年記念モデル、アルミニウム製(サイクルモード2013)
  • デローザの60周年記念モデル、スチール製(サイクルモード2013)
イタリアの名門自転車メーカー、デローザは幕張メッセで開催された「サイクルモード2013」で60周年記念モデル4種を日本で初披露した。垂涎の的の自転車とあって、来場者は食い入るようにその自転車を見つめていた。

同社は1953年にウーゴ・デ・ローザ氏が18歳で独立して創業した企業で、小さな工房と最低限の工具で、誰にも負けない自転車を世に送り出そうという理念でスタートした。現在、3人の息子と2人の孫が中心となって自転車づくりに励んでいるが、デ・ローザ氏は常にその出来映えをチェックしているという。

そんな同社が60年間培ってきた技術の粋を集めた自転車が今回の展示品だ。スチール、アルミニウム、チタン、カーボン製の4種類があり、各モデル世界で限定60台となっている。価格はスチール製が144万円、アルミ製が150万円、チタン製が174万円、そしてカーボン製が196万円。色はデ・ローザ氏が好きな濃紺だ。

「詳しい数は言えませんが、日本ですでに2ケタの注文が来ています」と日本総輸入代理店の日直商会関係者。ブースには自転車愛好家と知られる谷垣禎一衆議院議員も姿をあった。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集