【東京モーターショー13】いすゞ、1924年製1.5トン積みトラックを参考出品

自動車 ニューモデル モーターショー

ウーズレー CP型 1.5トン積みトラック
  • ウーズレー CP型 1.5トン積みトラック
  • ISUZU mu-X
いすゞ自動車は、11月23日から12月1日まで東京ビックサイトで開催される「第43回東京モーターショー」に、7台の車両、6基のエンジンなどを出品する。

今回の出品テーマは、「Always Next To You-暮らしのそばに、いつまでも、どこまでも-」。多岐にわたるクルマをつくりだし、暮らしのすぐそばで、豊かさや安心に貢献してきたいすゞを、商用車とディーゼルエンジンのいまとむかしを通して紹介する。

車両では、いすゞのトラック製造の原点ともいえる、1924年製『ウーズレー CP型 1.5トン積みトラック』を参考出品。さらに、「DA4/DA6ディーゼルエンジン」や「DL201ディーゼルエンジン」など、いすゞディーゼルエンジン史の一端を示す過去のディーゼルエンジンを展示する。

加えて、圧縮天然ガスを使用した『エルフ CNG-MPI』や、食品の定温輸送に活用されている『フォワード Fカーゴクール』など、現在活躍するモデルを展示する。

また、海外生産・販売車の参考出品として、タイで2013年10月にフルモデルチェンジを発表したPPV (パッセンジャー ピックアップ ビークル)『ISUZU mu-X』も合わせて紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集