富士重工吉永社長「米国からは"まだ売れる"とすごい圧力」

自動車 ビジネス 企業動向
富士重工業の吉永泰之社長(参考画像)
  • 富士重工業の吉永泰之社長(参考画像)
  • スバル・レガシィ(北米仕様)
  • 新型スバル フォレスター(米国仕様車)
富士重工業(スバル)の吉永泰之社長は10月31日の決算発表会見で、好調が続く米国での販売計画を上方修正したと明らかにした。2013年暦年ベースで年初計画より5万5000台多い42万台(前年比25%増)とした。

新モデルとなったフォレスター、XVを含むインプレッサ、レガシィ、アウトバックなど主力モデルが「軒並み力強い販売になっている」という。今年は09年から5年連続での過去最高更新となるが、リーマン・ショック直後からの記録更新だから、スバル車への評価の定着がうかがえる。吉永社長は「私が言っているのではないです」と前置きしたうえで、「米国のディーラー各社からは、タマがあればまだ売れると言われている」と、スバル車の人気ぶりを紹介した。

11月の東京モーターショーには北米のディーラー経営者が大挙押し掛け、商品供給を訴えるそうで、吉永社長は「すごい圧力をかけられている」と、会見では嬉しい悲鳴をあげていた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • スバルの中型SUV、トライベッカ …後継車を計画 画像 スバルの中型SUV、トライベッカ …後継車を計画
  • スバル BRZ、米国で2014年モデル…装備充実 画像 スバル BRZ、米国で2014年モデル…装備充実
  • 【東京モーターショー13】スバル、新型スポーツツアラーの名称を「レヴォーグ」に決定 画像 【東京モーターショー13】スバル、新型スポーツツアラーの名称を「レヴォーグ」に決定
  • 【スバルBRZ tS 試乗】タイムラグ感じないダイレクトな走り…島崎七生人 画像 【スバルBRZ tS 試乗】タイムラグ感じないダイレクトな走り…島崎七生人

特集