日産、米スマーナ工場が累計生産1000万台…30年で達成

日産自動車は10月15日、米国テネシー州スマーナ工場の累計生産台数が、1000万台に到達したと発表した。

自動車 ビジネス 企業動向
累計生産台数が1000万台に到達した日産の米国テネシー州スマーナ工場
  • 累計生産台数が1000万台に到達した日産の米国テネシー州スマーナ工場
  • 新型日産 パスファインダー
  • 新型日産アルティマ
日産自動車は10月15日、米国テネシー州スマーナ工場の累計生産台数が、1000万台に到達したと発表した。

スマーナ工場は1983年に稼働。小型ピックアップトラックの『フロンティア』の生産を開始した。1985年には、小型セダンの『セントラ』も生産開始。1992年には、現在の日産の米国市場における主力モデル、『アルティマ』も生産車種に加わった。

現在、スマーナ工場では、アルティマ、『マキシマ』、『パスファインダー』、『リーフ』、インフィニティ『QX60』などを組み立て。リーフ用のリチウムイオンバッテリー工場も隣接している。従業員は7000名以上。

累計生産1000万台は、工場の稼働からおよそ30年で達成した記録。記念すべき1000万台目となったのは、新型『ローグ』。日産は2015年までに、米国で販売する新車の北米現地生産比率を、85%へ引き上げる計画。

日産のスーザン・ブレナン生産担当副社長は、「30年以上に渡って、スマーナ工場は高品質の車を組み立ててきた。今日の累計1000万台の達成は、柔軟で生産効率の高く、優秀な従業員のおかげ」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集