【マツダ アクセラ 新型発表】デザインモチーフではなく、初代からの考え方を踏襲

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ・アクセラ
  • マツダ・アクセラ
  • マツダ・アクセラ
  • マツダ・アクセラ
  • マツダ 新型アクセラ
  • マツダ・アクセラ
  • マツダ・アクセラ
3代目となった新型マツダ『アクセラ』は、先代までのデザインモチーフを用いることはあまり考えなかったという。

そう話すのは、デザイン戦略スタジオのチーフデザイナー田畑孝司さん。しかし、「これまでのアクセラが持っていた、スポーティで家族がしっかり乗れ、どこかへドライブに行きたくなる。楽しくなる、モチベーションが上がるといった考え方は大切にした」と話す。

その表現のために、「タイヤのしっかりとした踏ん張り感があり、リアから見たスタンスを良くした。こういったことは結果的に初代のイメージが残っている」という。具体的には真後ろから見てショルダーよりもフェンダーを出すことで、スタンスを良くしたことなどだ。

「初代はスポーティで佇まいが良く、質感も当時としてはとても良かったので、新型もこれらのことは、初代を見習った」と述べ、これまでのアクセラが持っていた考え方を踏襲したことを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集