三井不動産リアルティ、日産超小型モビリティのカーシェアにカーステーションを提供

エコカー EV

三井不動産リアルティは、横浜市が「横浜・低炭素交通プロモーション」の一環として日産自動車と10月11日から開始する超小型モビリティを活用した大規模カーシェアリングに、「三井のリパーク」時間貸し駐車場を、カーステーションとして提供すると発表した。

三井不動産リアルティは、車社会のインフラとして機能する駐車場を運営する事業者として、ソーラーパネルを導入するなど環境に配慮した駐車場づくりを推進している。今回、低炭素都市を目指す横浜市が推進する「横浜・低炭素交通プロモーション」の趣旨に賛同し、日産と横浜市が実施する超小型モビリティを活用した大規模カーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」向けに、18事業地25台分の駐車場を提供する。

また、横浜市内の「三井のリハウス」店舗で、「チョイモビ ヨコハマ」利用の案内を配布する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集