日産、自動運転システム開発車両のナンバー取得

自動車 ビジネス 企業動向

日産の自動運転システム開発車両
  • 日産の自動運転システム開発車両
  • 日産の自動運転システム開発車両
  • 日産の自動運転システム開発車両
日産自動車は9月26日、自動運転システムの開発に向け、高度運転支援技術を搭載した車両について、日本で初めて自動車検査証およびナンバープレートを取得したと発表した。

当該車両は『リーフ』をベースに、車両が周辺の道路状況等を検知し、ハンドル・ブレーキ等を自動的に制御してドライバーの運転を支援するシステム(高度運転支援技術)を搭載したもので、ドライバーが常に操作介入を行えることを前提としている。

日産は、自動運転システムの基盤となる高度運転支援技術の開発を推進させるため、公道実証実験の実施に向けた準備を関係省庁と進め、今回ナンバープレートを取得。ナンバーは、自動運転技術の実用化を目指す2020年を意味する「2020」とした。

日産では、当該車両を用いて、今後、公道実証実験を実施していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集