【シトロエン C3エクスクルーシブ 試乗】上品さが増した実用4ドアコンパクト…島崎七生人

試乗記 輸入車

シトロエンC3エクスクルーシブ
  • シトロエンC3エクスクルーシブ
  • シトロエンC3エクスクルーシブ
  • シトロエンC3エクスクルーシブ
  • シトロエンC3エクスクルーシブ
  • シトロエンC3エクスクルーシブ
  • シトロエンC3エクスクルーシブ
  • シトロエンC3エクスクルーシブ
  • シトロエンC3エクスクルーシブ
フェイスリフトした『C3』。乗ると“新しさ”が肌で実感できた。

感じられたのは、乗り味がよりなめらかになった点。そしてタウンスピードから速度を上げていく際、その乗り味、フラット感がずっと保たれる。音・振動も“足”が巧みに吸収してくれ「そうそう、コイルバネのシトロエンの乗り心地はこうだよね」と嬉しくなった。

もちろん山道もジワッとしたロールとともに、路面を舐めるように走る。この雰囲気も初期型に較べ、よりこなれた。1.6リットルエンジン(120ps/16.3kg-m)は4速ATとの組み合わせながら、1210kgのコンパクトなボディとの相性はいい。どんな場面でもモタつかず、スムースにクルマを走らせる。

新しいフロントマスクは、ダブルシェブロンをあしらったクロームメッキのグリルで上品さが増した。たとえば『C4』は『DS4』に個性を任せコンサバだが、この『C3』の“2CVっぽいスタイル(または先代『C4』的デザイン)”は、個性の頃合いがちょうどいい。今回の改良は“上質で個性的な4ドアの実用コンパクトカー”の資質を確実に高めた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集