第1回ノリタケの森クラシックカーフェスティバル開催…クラシックカー50台が集合

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

BMW・327カブリオレ
  • BMW・327カブリオレ
  • MG・マグナLタイプ
  • MG・J2
  • MG・TD(左)とモーガン・スリーホイラー(右)
  • MG・TF(左)とMG・TD(右)
  • ジャガー・Eタイプロードスター(左)とロータス・エランS3(右)
  • デイムラー・エンプレスDF306
  • サーブ・ソネットII(左)とサーブ・96モンテカルロ(右)
9月21日、ノリタケの森(愛知県名古屋市)において、“第1回ノリタケの森クラシックカーフェスティバル”が開催された。主催はグリーングラスクラシックカーメイト実行委員会。

ノリタケの森ギャラリーにおいて、9月18日から23日にかけて開催された“AUTOMOBILE ART EXHIBITION 2013”は、自動車のアートに関する展覧会。この展覧会と実車のイベントを同時に開催することで、よりイベント自体を盛り上げることを狙ったと実行委員会の小田有司さんは話す。

当日は英国車やドイツ車を中心としたクラシックカーが50台近く、緑の芝生の上に並べられた。また、背景は赤レンガでできた建物のため、雰囲気も良く、たまたま訪れた観光客も写真撮影に夢中になっていた。

主催者も心得たもので、途中でモデルとクルマの撮影会を開催するなど、より来場者に楽しんでもらう工夫を凝らしていた。

今回の成功を受け、次回は6月に同会場にて開催する予定である。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集