【CEATEC13】デンソー初出展、スマホ用ワイヤレス充電器などを展示

自動車 ビジネス 企業動向

デンソーブース(イメージ)
  • デンソーブース(イメージ)
  • ピコグリッドシステム(イメージ)
  • 遠隔見守りシステム・センサー(イメージ)
デンソーは、10月1日から5日まで、幕張メッセで開催される最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2013」に初出展する。

デンソーは「地球と命を守り、次世代に明るい未来を届けたい」を出展テーマに、生活関連機器・産業機器など新事業分野の新技術・製品及び自動車用品を多数展示する。

自動車用品分野では、スマートフォン用ワイヤレスチャージャー(無接点充電器)や、車載用のプラズマクラスターイオン発生器、スマートフォンなどと連携して家や車の鍵などを探知するキーファインダー、スマートフォンとカーナビゲーションをつなげるアプリNaviCon、スマートフォン用の対応アプリをクルマの中でも簡単・安全に利用できるサービスARPEGGiOなどを展示する。

生活関連機器・産業機器分野では、家と車(PHV・EV)がつながる時代のエネルギーマネジメントシステムを紹介。最新のHEMSおよびHEMS用リチウムイオン蓄電池や、小型EVの電気でDC機器を安定して使用でき、災害時にも役立つピコグリッドシステム(低電圧・直流給電システム)、定置型のDC普通充電器などを出展する。

また、暮らしの安心・安全のための見守りシステム、食の安心・安全に貢献するためのハウス栽培支援システムや冷凍・冷蔵物流システム、同社が開発したQRコードの進化形としてのデザイン入りQRコード「ロゴQ」生成サービスなども展示。さらに、低炭素社会の実現に向け、高効率なエネルギーマネジメントに向けた重要なデバイスであるSiCパワー素子を展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集