マツダコネクト、新型アクセラから搭載…インターネットラジオなど利用可能

自動車 テクノロジー ネット

マツダコネクト
  • マツダコネクト
  • マツダ・新型アクセラ
  • ヘッズアップ コクピット
  • アクティブ・ドライビング・ディスプレイ
  • コマンダーコントロール
マツダは9月24日、新世代カーコネクティビティシステム「マツダ コネクト」を、今秋発売の新型『アクセラ(海外名:Mazda3)』から搭載すると発表した。

また同時に、独自のHMIコンセプト「ヘッズアップ コクピット」に基づく、走行安全性を最優先した新世代HMIを同車種から採用することで、扱う情報量が増えても、前を向いて安全に運転に集中できる運転環境を追求する。

マツダ コネクトでは、その機能のひとつとして、自動車用ウェブコンテンツのクラウド・プラットフォームであるAha by HARMANと世界で初めてグローバルな利用契約を結び、Ahaの全参入市場で同サービスを利用できるようにした。

Ahaは、車内インフォテインメントとして、インターネットラジオ、ポッドキャスト、オーディオブック、SNS、各種LBS(位置情報活用サービス)など、世界4万局以上のウェブコンテンツを、一貫した使いやすいインターフェースで安全に自動車に提供するクラウド・プラットフォーム。アクセラの発売と同時に日本および複数のアジア・中南米諸国に新規参入する予定で、アクセラは、それらの国でAhaを利用できる最初の「つながるクルマ」になる予定。また日本では、スマートフォンと連携してインターネットラジオ等を利用できる車載器を標準装備した初の車種となる見込み。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集