【ホンダ フィットハイブリッドFパッケージ 試乗】ごく自然な走りっぷりを実感…島崎七生人

試乗記 国産車

ホンダフィットハイブリッドFパッケージ
  • ホンダフィットハイブリッドFパッケージ
  • ホンダフィットハイブリッドFパッケージ
  • ホンダフィットハイブリッドFパッケージ
  • ホンダフィットハイブリッドFパッケージ
  • ホンダフィットハイブリッドFパッケージ
  • ホンダフィットハイブリッドFパッケージ
  • ホンダフィットハイブリッドFパッケージ
  • ホンダフィットハイブリッドFパッケージ
ハイブリッドらしからぬハイブリッド。言い換えれば、ごく自然な普通の自動車らしい走りっぷり。リアルな街中や高速道路で試乗した第一印象は、こうだった。

モーターがジワッとクルマを発進させる。そして交通の流れに乗ろうとすればスッとエンジンが入る。1.5リットルi-VTECエンジンの出力とトルクは不満なく、7速デュアルクラッチ(i-DCT)の変速は歯切れがいい。要するに「ハイブリッドだからね」と割り切らねばならないことが何もないのだ。

以前テストコースで乗ったのはプロトタイプだったが、今回は量産型で、さすがに内装の仕上げも格段によくなっていた。「Fパッケージ」の助手席インパネ部のソフトパッドなど、なかなかいい質感。「Sパッケージ」の16インチタイヤを選ぶのは好み次第だが、標準の15インチのほうが、挙動がしなやかに感じる。乗り心地は十分にフラットで、ハイブリッドの車重増分の、クルマの挙動への影響は感じない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集