【ランボルギーニ ガヤルド LP570-4スクアドラ・コルセ 日本発表】モータースポーツ部門創設を記念して

自動車 ニューモデル 新型車

ランボルギーニ・ガヤルド LP570-4スクアドラ・コルセ
  • ランボルギーニ・ガヤルド LP570-4スクアドラ・コルセ
  • ランボルギーニ・ガヤルド LP570-4スクアドラ・コルセ
  • ランボルギーニ・ガヤルド LP570-4スクアドラ・コルセ
  • ランボルギーニ・ガヤルド LP570-4スクアドラ・コルセ
  • ランボルギーニ・ガヤルド LP570-4スクアドラ・コルセ
  • ランボルギーニ・ガヤルド LP570-4スクアドラ・コルセ
  • ランボルギーニ・ガヤルド LP570-4スクアドラ・コルセ
  • ランボルギーニ・ガヤルド LP570-4スクアドラ・コルセ
ランボルギーニ・ジャパンは9月20日、ランボルギーニ『ガヤルド LP570-4スクアドラ・コルセ』を日本で公開した。価格は3165万6450円。

「フェルッチョ・ランボルギーニが1963年、アウトモビリ・ランボルギーニを創設したとき、彼は最高の公道仕様のスーパースポーツカーを作りたいという夢がありました」と述べるのは、アウトモビリ・ランボルギーニ代表兼CEOのステファン・ヴィンケルマン氏。当時、フェルッチョはモータースポーツにそれほど大きな関心はなかったという。

しかし、現代においては、「モータースポーツは我々にとって成功に欠かせない要素です。我々はスクアドラ・コルセというモータースポーツを専門に扱う部署を立ち上げ、それをお祝いするためにランボルギーニガヤルドLP570-4スクアドラ・コルセを発表しました」と来歴を話す。

ガヤルドLP570-4スクアドラ・コルセの特徴は3つあるとヴィンケルマン氏。ひとつはエンジンで、(ガヤルド・スーパートロフェオと同じ)5.2リッターV10エンジンを搭載し、570馬力を発揮する4WDモデルである。次に、空力を挙げ、「このクルマの兄弟ともいえる『ガヤルドLP560-4クーペ』と比較し3倍のダウンフォースを生み出しています」と、ガヤルド・スーパートロフェオと同じリア・ウイングの効果を説明。最後は軽量化で、「ボディはアルミとカーボンファイバーを多用しており、非常に軽量化がなされています」という。

これらの結果、「ハンドリングも軽く、非常に速いスーパースポーツカー、そして、レースにも相応しいクルマに仕上がりました」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集