【ジャカルタモーターショー13】インドネシア日産・堀米副社長「日産車とダットサンの競合はない」

自動車 ニューモデル モーターショー

日産ブース(ジャカルタモーターショー13)
  • 日産ブース(ジャカルタモーターショー13)
  • 日産ブース(ジャカルタモーターショー13)
  • 日産ブース(ジャカルタモーターショー13)
  • 日産ブース(ジャカルタモーターショー13)
  • 日産ブース(ジャカルタモーターショー13)
  • インドネシア日産の堀米代志弥副社長(ジャカルタモーターショー13)
  • 日産ブース(ジャカルタモーターショー13)
  • 日産ブース(ジャカルタモーターショー13)
日産は、ジャカルタモーターショー13で「ニッサン」ブランドから『TeRRAコンセプト』『ジューク』『セレナ』『グランドリヴィナ X-Gear』などを披露。ゼロエミッションSUVの『TeRRAコンセプト』で技術力をアピールしながら、多彩なラインアップを取り揃えた。

同車のインドネシアにおける台数は平均で年22%の成長率を記録しており、2011年は6万0372台、2012年は6万7729台を記録した。2016年までに10車種を投入し、全セグメントの94%をカバーする予定。また、年間生産率も25万台を目標とし、生産低協力の強化に努める。

インドネシア日産自動車の堀米代志弥副社長は、「新興国向けブランド・ダットサンの『GO+』『GO』と『マーチ』などの日産コンパクトカーの棲み分けは可能。マーチは1億5000万ルピア(日本円で約137万円)以上であり、ダットサンは1億ルピア以下を予定している。商品のパッケージングも価格帯も異なるので、ターゲットの差別化をはかれるだろう」と述べた。
《吉田 瑶子》

編集部おすすめのニュース

特集