【WRC 第10戦】アル‐クワリ、WRC-2クラストップに浮上

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

フォード・フィエスタRRC(アブドゥラジズ・アル‐クワリ)
  • フォード・フィエスタRRC(アブドゥラジズ・アル‐クワリ)
  • アブドゥラジズ・アル‐クワリ
WRC ラリーオーストラリアのWRC-2カテゴリーの第2レグで、前日までのリーダーだったユーリ・プロタソフのスピンにより、フォード・フィエスタRRCを運転するアブドゥラジズ・アル‐クワリが、トップに浮上した。

第12ステージの第2コーナーで前日のリーダーのプロタソフがスピンを起こし、彼のフィエスタR5の右側面を損傷して2分以上の時間を失ったことで、アル-クワリは首位に躍り出た。

アル‐クワリもまた、第15ステージでスピンを起こしてしまったが、彼は結局2番手のプロタソフに1分13秒8のリードを奪って、この日のラリーを終了した。

フィエスタRRCを運転するサウジアラビア人ドライバーのヤジード・アル‐ライヒがプロタソフからほぼ7分遅れの3番手でフィニッシュし、スバル・インプレッサのドライバーであるアルメン・スマイロフがさらに13分遅れの4番手となった。

アル‐クワリはこのまま日曜日のレースを終了することで、WRC-2のチャンピオンシップ・スタンディングで今回のラリーに参加していないロバート・クビサを抜いて、トップに立つことができる。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集