エアバス、モービルの組み立てラインで最初の垂直支柱を立てる

航空 企業動向

エアバスのモービル最終組み立てラインの最初の支柱
  • エアバスのモービル最終組み立てラインの最初の支柱
  • エアバスのモービル最終組み立てラインの最初の支柱
  • エアバスのモービル最終組み立てラインの最初の支柱
  • エアバスのモービル最終組み立てラインの最初の支柱
現在アラバマ州のモービルで建設工事が進められているエアバスのブルックレイ・エアロプレックス・サイトの基礎工事が完了、最初のスチール製垂直支柱が立てられたことで、A320系列組立ラインの完成が一歩近づいた。

このスチール製のサポートは空に向かって100フィートの高さを持ち、最終組み立てビルディングの数多くのフレームの1つとなる。

A320系列の航空機の組み立ては2015年からの開始が予定されており、この施設からの最初の納入は2016年とされている。

エアバスはこの最終組み立て工場が2018年までに、年間40機から50機の航空機を生産することを計画している。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集