【WRC 第10戦】ラリーオーストラリアに向けてのドライバー達の抱負

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ラリーオーストラリア
  • ラリーオーストラリア
  • セバスチャン・オジエ
  • ティエリー・ヌービル
  • ミッコ・ヒルボネン
WRCは9月11日、今週末に行われるラリーオーストラリアに挑むドライバー達の声を集めた記事を公開した。

セバスチャン・オジエ(VWポロR)は「ドイツではセオリー上のチャンスがあったが、今回はタイトルを決定する現実的な機会があると考えている。僕はラリーとパワーステージの両方で勝ちたいと思っている。本当にラリーオーストラリアが好きなので、その事がアドバンテージになるだろう」と語った。

また、ミッコ・ヒルボネン(シトロエンDS3)は「僕がここでの成功を楽しんでいるのは事実だ。今年の狙いはシトロエンが2年連続で勝利すること。ドイツでの勝利はチームの皆に勢いと自信を与えた」と述べている。

一方、「新しいイベントに参加するのはいつも大きなチャレンジとなるが、これまで僕が見てきたところ、このステージは僕のドライビングスタイルに合っていると思う。もしかすると、僕達にとってパーフェクトなラリーになるかも知れないね」と話すのはマッズ・オストベルグ(フォード・フィエスタRS)。

ティエリー・ヌービル(フォード・フィエスタRS)は「僕達にとって最初のオーストラリアなので、これまでと違ったアプローチが必要とされる。聞いたところによれば、フィンランドよりジャンプも少なく、グラベルも緩くソフトだが、比べ物にならないくらい速いらしい。フィエスタはフィンランドでとても競争力があったので、ここでも良いラリーができそうな気がする。5位までに入れば上々の出来だが、チャンピオンシップで2位のポジションを維持することが目標だ」とコメント。

そして、アンドレアス・ミケルセン(VWポロR)は「ポール・ナグルが新しい副ドライバーとして参加する。このラリーは僕にとって完全に新しいテリトリーだが、他のドライバー達もここを熟知しているわけではないので、チャンスはあると思う」と述べた。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集