ホンダ、インドネシアで ブリオ・サティヤ を発表…ローコスト・グリーンカー政策対応車

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ、ブリオ・サティヤ
  • ホンダ、ブリオ・サティヤ
ホンダのインドネシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるピー・ティ・ホンダプロスペクトモーター(HPM)は9月11日、ジャカルタ市内において、インドネシア政府の制定したLCGC(ロー コスト グリーン カー)政策に合致する新型車『ブリオ・サティヤ』を発表した。

ブリオ・サティヤは、4気筒1.2リットル i-VTECエンジンを搭載。同クラスで最高となる出力88psと、優れた燃費性能を両立している。

新型車は、 2012年8月にタイから供給されて販売開始した1.3リットル 5ドアハッチバックのアジア戦略車『ブリオ』をベースに開発。すべてインドネシアの工場で生産され、85%の高い現地調達率を達成している。

ベースグレードのタイプAや、ボディ同色ミラーや同色ドアハンドルなどを装備したタイプS、さらにフォグランプ、14インチアルミホイール、パワーウインドウ、iPod対応CDオーディオなどを装備したタイプEの3グレードを用意。価格帯はタイプAが1億600万ルピア(約90万4000円)、タイプSが1億1100万ルピア(約94万6000円)、タイプEが1億1700万ルピア(約99万7000円)からとなる。

なお、タイ製のブリオも同時にマイナーチェンジし、今後は『ブリオ・スポーツ(1.3リットル)』として販売される。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集