二輪車の文秀ホンダ、燃料補助削減で販売増を見込む マレーシア

エマージング・マーケット 東南アジア

二輪車の文秀ホンダは9月5日、新型の『ウェーブ・ダッシュS』と『ウェーブ・ダッシュR』を発表した。ホンダは向こう12か月で24万台二輪車を販売する目標を掲げており、政府が財政健全化のため燃料補助の削減を打ち出したことから、販売台数を押し上げるとの見解を示した。ザ・サンなどが報じた。

文秀ホンダは今年の売り上げについて、前年の8億リンギから20%増の10億リンギとなると見込んでいる。

2008年に燃料価格が引き上げられた時は、販売台数は30%ほど増加したことから、文秀ホンダは目標を達成できると予想している。向こう12か月における販売台数の15%となる4万台をウェーブ・ダッシュが占めると見込んでいる。

今回発表された新型のウェーブ・ダッシュの排気量は110cc。ペナン州バトゥ・カワンの工場で、組立生産された。国内部品の使用率は65%となっている。価格はウェーブ・ダッシュSが5029リンギ、ウェーブ・ダッシュRが5290-5419リンギとなっている。2年間もしくは、2万kmの保証が付く。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

特集